飲食店でのPOSシステム導入のメリットを紹介します

POSシステムという言葉を聞いた事はありますでしょうか。販売時点情報管理と呼ばれるものです。ではそれが一体何かというと、商品を売り上げた時、その実績を集計して管理するものです。つまり、何がいつ何個売れたかという販売情報を即時データ化して管理する実務管理手法という事です。スーパーやコンビニなどで会計をする時、レジでバーコードを読み取ります。これは値段を読みとるだけではなく、POSシステムとして機能しているのです。その他飲食店などにおいても利用されています。その場合バーコードではありませんが、レジに打ち込む事によって、何を飲食したかが集計されていきます。時間なども一緒にデータ化される為、客足の有無も確認できる事になります。このシステムを導入する事により、見えてくるものがあります。

POSシステムを使う為に必要なマーキング

POSシステムにおいては、商品にマーキングする事が必要になります。それが、バーコードです。バーコードにはさまざまな情報があります。それを読みとる事により、作業を簡素化しデータ化していくのです。わかりやすいのが、金額ですね。レシートを見ると、金額と同時に商品の名前や、大きさなども記載されています。つまり、そういった情報がすべてバーコードから読みとれるという事です。同じ商品でも量や重さが違う事もあります。そういった場合にも、バーコードは活躍します。では、バーコードの無い飲食店ではどの様にマーキングしているのでしょうか。飲食店も、今はデジタル化してきています。注文もタッチパネルで行なえるお店も増えています。タッチパネルでなくても、デジタル機器を利用しているお店は多い筈です。

飲食店でPOSシステムを導入するメリット

つまり、飲食店においてもPOSシステムは利用可能という事です。バーコードが無くても、商品ひとつひとつをデータ化してあれば、デジタル機器やレジを利用する事によって、何が売れたのかを把握する事が可能です。では、POSシステムを利用する事によって得られるメリットは何でしょうか。飲食店もコンビニも、得られるメリットに差はありません。POSシステムはいつ何が売れたのかを集計してくれます。つまり、どの時間帯に何の売れ行きが良かったのか、またはどの商品の売れ行きが悪いのか、一目瞭然ということになります。売れているものはそのまま継続したり、少し工夫したりします。売れていないものに関しては売れる様に工夫をしたり、きっぱりと売るのをやめる事も有り得ます。つまりは、お店を成長させる為に活用できるシステムだという事です。