飲食店でのPOSシステムはこれだけの企業が導入しています

POSシステムとは、英語でpoint of sales systemで日本語では販売時点情報管理のシステムのことです。店舗で商品を販売するときに、商品の販売情報を記録し、集計された結果をマーケティング材料や在庫管理として用いることができるシステムです。細かい在庫管理や受発注管理ができるようになるだけでなく、複数の店舗の販売動向を比較することができたり、天候と売り上げを重ねて傾向をつかんだり、ほかのデータと連携して分析し、活用することが簡単になるというメリットがあります。経理システムと連携させて、クレジット決済などもできるため、レジが必要なくなります。税額の自動算出なども一元管理可能なシステムもあります。フランチャイズやチェーン店だけでなく、個人店の飲食店でも使える大変便利なシステムです。

在庫管理や店舗運営に役立つPOSシステム

POSシステムでは手打ちのレジと比較した場合、会計がスピーディーになり混雑緩和ができるほか、営業終了後のレジ締めも、システムで商品項目別にまとめられるために大変スムーズに完了することができます。しかも販売された売り上げデータは、データベースに蓄積されますので、必要な時にリアルタイムで確認、分析を行うことも可能です。レジと違って金額の打ち間違えがなく、会計の際にいつだれが会計を行ったのか、ログを残すこともできます。不正を未然に防ぐだけではなく、現金を扱えるスタッフが増やせるため、業務の効率化につながります。最近では飲食店でもPOSシステムが導入されているところが多く、会計のスムーズさだけでなく、在庫管理や発注にも役立つので業務の簡略化ができ、最終的には経費削減につながっているお店が増えています。

レジを見直す理由は、消費税増税やキャッシュレス時代

飲食店経営で目が離せない話題として消費税の増税です。経費の値上がりに備えてメニューの値上げなど、考えなくてはならないことが沢山あるだけではなく、外食とテイクアウトの税率の分別などもこれから生じてきます。従来のレジでそれだけの業務を行うのも大変なので、増税のタイミングでPOSシステムを導入する飲食店が増加傾向にあります。POSシステムなら、税率の分別なども簡単に設定することができるだけでなく、簡単に扱えるので大手の飲食チェーンだけでなく、個人店でも導入が増えているのでしょう。増税問題だけでなく、キャッシュレス時代に伴うクレジット決済やスマートフォン決済などの社会の変化に伴い、便利なシステムの導入が急速に進んでいるのが現状です。便利な決済だけでなく、レジ締めや在庫管理も楽になれば管理業務においても経費削減につながります。