POSシステムを飲食店で最大限に活用しよう

飲食店など多くのお店で採用されているPOSシステムとは、商品を販売する際の会計情報を記録して集計するシステムのことです。このPOSシステムを完備したレジをPOSレジと言い、現在は飲食店のほとんどのお店で使われています。現在のPOSシステムは、販売した時点での情報を記録、集計するだけでなくあらゆる分析や管理をそのデータから行う事ができるようになっています。POSシステムは、売り上げ分析機能をはじめ、顧客管理や在庫管理の機能も備わっています。また、飲食店などの複数の店舗がある場合、それぞれの店舗の情報を統合することも出来るため、売り上げ管理を一元化することが出来、大変便利です。今までのレジとPOSシステムを搭載したレジとの違いは、リアルタイムでいつ、どこで、どんな商品が、どんなお客に売れたのかが分かることです。ここでは、POSシステムのメリットについて説明します。

POSシステムのメリットを紹介①

飲食店を経営する上で、POSシステムが搭載されたレジを取り入れるメリットは、「業務の効率化」「売上向上のデータ収集」「レジ担当者不在のセキュリティ」「誤入力による販売防止」「データの一元管理」です。業務の効率化は、レジ締めを自動でやってくれます。オーダーエントリーシステムを利用することで、金額の打ち込みの必要がなくなり、会計時間の短縮が図れます。また、スタッフの負担も減ります。営業終わりのレジ締めも項目ごとにまとめられているので、業務の効率化を図ることが出来ます。売り上げ向上のデータ収集は、どの時間帯に、どんな商品が、どれだけ売れたかをリアルタイムで確認が出来ます。在庫管理とも連携しているので、商品に関する情報を共有することが出来ます。売り上げだけではなくマーケティングにも効果的なところが優れている点です。

POSシステムのメリットを紹介②

飲食店がPOSシステムを導入するメリットですが、レジの使用ログが残るので、誰がいつ会計作業を行ったかがすぐに分かります。そのため、打ち込むときに不正が起きることもなく、健全な飲食店運営が可能となります。商品の金額を覚える必要もないので、誰でもレジ対応をすることが出来ます。レジ対応が出来るスタッフが増えれば、混雑時にも臨機応変に対応することが出来ます。商品の金額を予め設定することが出来るので、金額の打ち間違いがなくなります。金額の打ち間違いがなくなれば、お客のクレームも少なくなります。多店舗を運営する経営者にとって、複数店舗の売り上げを管理することは大変ですが、POSシステムは、多店舗のレジも連携しているので、売り上げ管理も非常に管理し易いです。今後、益々POSシステムが搭載されたレジを導入する飲食店も増えて来るでしょう。